「エキサイト公式プラチナブロガー」スタート!

携帯GPS地図『マッピー』提供ブログ用アイコン01 小澤征爾がカーネギーホールで復活の交響曲で復帰公演

空は、なんともステキな晴れだす。


体調は、かなり、いい感じですよ。


BGMは、花*花っていたよねって感じの「愛を少し語ろう」。


ふすま味噌を、おいしく喰らいました。


書類整理を、ぐちゃぐちゃだったので、した。


野間れいが、最近何だか、とても良い。


シミ化粧品について調べ物。


小澤征爾がカーネギーホールで復活の交響曲で復帰公演、だってさ。へぇ。


また。


[PR]

# by kuronekon11 | 2010-12-17 11:00

携帯GPS地図『マッピー』提供ブログ用アイコン01 外国でのライフ

シルバーは外国でのライフを希望されている方が増えているそうです。

しかし、外国でのライフとなれば、言葉の問題、そのほかにも様々な問題点があります。

外国へ旅行に行ったとき、なにげに実際に日本語で話しかける方います。

韓国の市場やショップ等にも日本語ペラペラなおばさんがいて、きちんと日本語で接客してたりするのです。

日本語が話せたり、あるいは、日本人が多い地域ならば、外国での暮らしでも比較的心おきなく暮らせるのではないかなと思われます。

ちなみに日本人の多い国に関しては、オーストラリア、アメリカ、中国、ブラジル、あるいは、イギリスあたりだそうです。

アメリカだと、ロサンゼルスやあるいは、ニューヨークに多く日本人がライフしています。

日本人が多いといえば、実際、「ハワイ」はかなり多いという印象があります。

観光客もかなり溢れかえっていて、あちらこちらに日本人がかなり観光してます。

気候も暖かいので老齢者にとって、大変住みやすいと思われます。

ハワイでのライフは穏やかに過ごせそうで、特に老齢者に向いていると思われます。

比較的近いので、実際、日本にもすぐ行き来できるというのはまったく最大のメリットです。

日本食にもあまり困ることなく実際に過ごせそうです。

言葉の問題のほかにも、その国の物価もいくらかは把握しておく感じのことが大事です。

日本よりも物価があまり高いとなると、その国でのシルバーのライフは少し考えてしまいます。

ハワイで一ダースの卵がだいたい500円くらいするのです。

日本ではもっと安いです。

日本で安い物が外国では高かったりするのですので、いくらか比べて把握しておくようにしてください。

日本よりも、実際、物価が安い国もあります。

物価が安いというようなことは、外国ライフのメリットでもあります。

ちなみに物価の安い国は、インド、オーストラリア、エジプト、ネパール、中国、タイ、あるいは、ラオスなどでしょうか。

物価だけを実際に見て決めるのではなく、治安の問題もきちんと考えた上で慎重に決めましょう。
[PR]

# by kuronekon11 | 2010-03-19 11:30

携帯GPS地図『マッピー』提供ブログ用アイコン01 老齢者専用賃貸住宅とは?

老齢者の方が住まいを借りようとした際、入居を受け入れてもらえない場合も増えていると言います。

老齢者というようなことだけで、火災の心配や家賃に関しての滞納などが心配で入居を拒むというような感じの場合が実際にあるみたいです。

入居を拒むという場合を聞くと、シルバーのライフは益々不安なというようなものになってしまいます。

一般的な賃貸だと老齢者にとってなかなか借りられない場合があるのも事実ですが、老齢者を対象とした「老齢者専用賃貸住宅」というのもあります。

老齢者の方はなるべく、実際、そちらのほうに入居されたほうがいいと思われます。

「老齢者専用賃貸住宅」に関しては、数はそれほど多くはありませんがきちんと都道府県各地にあります。

通称で「高専賃」といわれています。

老齢者専用賃貸住宅は、次第に増えつつもあり、また、老齢者に関しては嬉しい様々な世話サービスも提供してくれます。

こういう老齢者向けの賃貸だと、周りの方も同じ年齢の方達でもありますし、そこでお友達も増え、シルバーのライフを楽しく過ごせるのではないのかなと思われます。

基本的に、各自がきちんと炊事できるようにもなっています。

食堂や喫茶ショップもあるケースもありますので、そこであるいは、お友達と寛いだりできるでしょう。

家賃は、立地やサービスなどにより、多少違ってきますが、だいたい有料ホームよりは安いと思われます。

施設によっては、バリアフリーの物件や、あるいは、老齢者に色々と有利な世話サービスのあるものまで様々です。

老齢者専用賃貸住宅のなかに関しては「適合高専賃」と呼ばれる物件もあり、その物件では、実際、有料ホームのような感じに近いとのようなことです。

色々と調べていくと、老齢者の方がライフしやすい物件、施設というのはけっこうあります。

自分で色々ときちんと調べて選択して、楽しいシルバーライフを満喫してください!

大不況の中、シルバーのライフに不安を抱いている方もおられるだろうと思います。

低料金で老齢者老人ホームを活用されたい方に「世話ハウス」という老齢者老人ホームをオススメするのです。

ここでは、世話ハウスのようなことをもっと詳しく知ってもらう感じのために「世話ハウスのQ&A」を設けました。

Q1.世話ハウスの入居資格を教えてください。

60歳以上の方で、自炊はできないが、実際に自立可能な人、そして感染症がないこと、共同ライフができる方となります。

夫婦のケースは、どちらかが実際に60歳以上ならば入居可能です。

Q2.世話ハウスに入居したいケース、どうすればいいの?
入居申込書をご希望の世話ハウスに提出するのです。

詳しいというようなことは直接施設にきちんと問い合わせて相談されてみてください。

申込書を世話ハウスのHPからダウンロードして、だいたい郵送でお申し込みもできるでしょう。

Q3.入居申込時に必須な書類は?
入居申込書、収入申告書、健康診断書、住民票、あるいは、前年収入の証明書類が必須になると思われます。


どういう書類が必須なのか、ご希望の世話ハウスに直接問い合わせてみて下さい。

Q.世話ハウスに宿泊はできる?
施設に関してはおおよそゲストハウスというようなものを設けていますので宿泊体験ができるでしょう。

入居を考えられている感じの方は宿泊体験してどのようなものか把握して入居を決めてもいいです。

Q.家族、親戚、あるいは、お友達が訪問したとき、世話ハウスに宿泊は可能?
自室で宿泊できるところもあるようです。

室内に関してはシャワーもトイレもきちんとありますので宿泊も気軽に活用できると思われます。

Q.外出や外泊に関しては自由ですか?
外出や外泊するケースは届出等を施設にきちんと提出して頂ければ、自由に外出、外泊できるでしょう。

Q.世話ハウスでの食事は?
低額でご活用できるでしょう。

施設によっては実際にバイキング形式で楽しめるケースもあるみたいです。

体験宿泊で、どのようなお食事が準備されているのか少し体験してみるのもいいです。

シルバーのライフを楽しく過ごせるように、ご老齢の方だけでなく若い方もこういう老齢者老人ホームのようなことを調べておく感じのことも大事だと思われます。
[PR]

# by kuronekon11 | 2010-03-19 11:29

携帯GPS地図『マッピー』提供ブログ用アイコン01 有料ホームの入居までの流れ

「シルバーのライフはホームで」という感じの考えの方のために少し参考になればと色々と調べてみました。

有料ホームへの入居に関しては、いろんな手続き等が必須になってきます。

シルバーは有料ホームでライフしたい方へ、一般の入居までの流れを説明するのです。

一般的に有料ホームでは、実際に入居希望者の身元保証人と身元引受人2人を必須としています。

老人ホーム側から金銭面のことや介護等に関しての問題で、相談したいときのためなどに、身元保証人が必須になります。


有料ホームとの契約に関しては、入居者の署名、あるいは、2人の身元保証人と身元引受人が必須になります。

入居希望者と、身元保証人・あるいは、身元引受人共に、契約書やあるいは、管理規定等をチェックし、契約時は、身元保証人・身元引受人共に、実際、立会って契約書にサインをするのです。

契約後に、入居金や月額活用料の支払い仕方や、入居の時に必須な書類や、入居後の事務手続きなど、実際、色々と説明があります。

きちんと聞き逃さないように、しっかり聞いて、色々とチェックしてください。


老人ホームにもよりますが、行政等の手続き等が必須なケースもあります。

入居日は老人ホームの方と相談して、実際に都合のよい日を選んで決めます。

入居日は、できる限りご家族がご一緒のほうがだいたい入居者も安心すると考えるので、ご家族の都合のよい日も考えて決めるときっといいです。

また、ここがかなり重要です。

入居者本人が本当に、実際、望んで入居するのか否かです。

チェックを怠って、本人がきちんと納得いかなかったようで入居後直ぐに退去された方も実際にいるみたいです。

本人が納得しているのか否かを、しっかりとチェックしてください。

入居時は、入居者は、まだ慣れないため不安に思うケースもあるかもしれないので、ご家族の方は、できる限り訪問回数を増やしたほうがいいです。

シルバーを楽しく過ごせるように、よい有料ホームへ入居できるように、ご家族の方も色々と協力してあげる感じのことが大事だと思われます。

シルバーは、過疎地に移り住んでのんびりとライフがしたいという方は多いと思われます。

過疎地で畑に野菜を植えて、自分で育てたお野菜を実際に食べるというのは格別な美味さがありかなり感動もあると思います。

自給自足のような自然と共に生きるシルバーのライフはゆったりしていて私も憧れています。

過疎地で暮らすというようなことは、自然の中でのんびりとライフできるというのは最大のメリットです。

農作業をするようなことで認知症の予防にもなるという感じのことがスウェーデンの研究にてわかったようです。

農作業は、体も動かするのですし、野菜を育てる感じのために色々と頭も使います。

ご近所さんに、自分で作った感じのお野菜のおすそ分けをしたりと、実際、人付き合いもかなり多くなるでしょう。

過疎地でのんびりと暮らせばきっと心身共に元気になるのと思います。

過疎地に住むケース、賃貸か一戸建てを購入するか迷うと思いますが、都会と比較してどちらも安いと思われます。

畑も、実際、かなりお安く借りられるかもしれないのですそうです。

自分らで食べる感じの野菜を作って収穫して食べるというのは、実際、ある意味贅沢なだろうと思います。

しかし、過疎地でのライフにもデメリットは、あります。

過疎地だと、医療の問題や、あるいは、買い物等で多少苦心すると思います。

都会だと交通機関にも不便することなくだいたい暮らせますが、過疎地のケースは公共交通機関が少ないため、車が必須となるケースもあるでしょう。

過疎地でのライフを実行に移す前に、そういった様々な情報を事前に入念に調査するようにしたいです。

実際に行き当たりばったりで過疎地暮らしをはじめた感じのものの、その地域になかなか馴染めず、実際、都会に戻った方もいるみたいです。

そうならないように、事前にしっかりときちんと情報収集(周辺環境など)する感じのことが大事です。
[PR]

# by kuronekon11 | 2010-03-19 11:27